2006年12月14日

仲見世8番街の「通りゃんせ」

fe02f79a.JPG

久し振りに浜の町の仲見世8番街で昼飯を食べようということで行きました。1Fには友人が経営している宝石屋があったりしてたまに通るんですが、地下や2Fにはホント久しく行っていませんね。そういえば珈琲の「富士男」もなくなったし、喫茶「サンパウロ」も廃業したとは聞いていたんですが空き店舗のままなんですね・・・一等地だと思うんですが(T_T)

懐かしの(30年以上入っていないんです)「紅花」でトルコライスを食べようかなと思っていたんですが、満席。しょうがなく隣の「京風ラーメン 通りゃんせ」でラーメンを食べることになりました。ここも仲見世8番街ができたときからありますよね、つまり30年以上・・・過去、高校時代に1〜2回入ったことがあるんですが、全く味の記憶がありませんでした。

従業員は女性が二人、おばあちゃんに近い(失礼(^^))ところに30年の時間を感じました(この人たちが30年以上働いているとは限らないんですけどね) 京風ラーメンというだけあって(?)サブメニューには普通のラーメン屋にあるような「餃子」「生ビール」が無く、かわりにバッテラ・お汁粉・押し寿司・・なんじゃこりゃ?

何が京風かわからない醤油ラーメン、たしかに味は東京よりは薄味、それより問題は麺! ナンだこの柔らかさは!!! そういえば先ごろ閉店した駅前の「一休軒」も柔らかかったですね、お年寄りの女性が作ると柔らかくなってしまうんですかね・・・しかし閉店せずに頑張っているのはその味が好きなファンがいるんでしょうね。

 >>>>追記<<<<<

残念ながらこの「通りゃんせ」も記事中に書いている「紅花」もいつのまにやら閉店していました・・・「仲見世八番街」の地下はゴーストタウン状態です



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: