2018年10月22日

観光通りアーケードで「波佐見陶器まつり」

前の記事で書いた「ラブフェス2018」に行く前に長崎浜屋で開催されている「京都歴代のれん市」に寄ろうと思い浜町に向かいました

浜町01
銅座のパーキングに車を停めて観光通りアーケードに入ると「長崎商工会議所青年部」主催の「第2回Autumn YEG Festival〜「秋」穫祭」というイベントが行われていました

浜町01-2
いろんな「体験」が出来るそうですが何で開催時間がバラバラなんでしょうね?

浜町01-3
ステージが用意されていましたが何に使うのかも判りません

浜町01-4
イベントをやっているブースもお客さんはイマイチ・・・でもこの「グリースハウゼ ナガセ」というお店は3年前に偶然見かけた頃に比べるとかなり有名になったみたいでちょっと嬉しいですね(^^)

浜町01-6
浜町アーケードの四つ角にある長崎でも一番人気の「マクドナルド長崎浜町店」のシャッターが降りていました(゜o゜)

浜町01-5
何でも「店舗設備故障」のために臨時休業をしているらしく再開は未定だそうです・・・ガッカリするお客さんも多いでしょうね

浜町02
ハマクロスの先も「長崎商工会議所青年部」のイベント会場かと思ったらどうも様子が違うみたいです

浜町01-1
何とこちら側では「波佐見陶器まつり」が行われていました(゜o゜)

浜町02-2
いろんなお店が波佐見焼の器を販売していましたが

浜町02-3
お店の名前を表示していたのはお馴染みの「浜陶」のみみたいです

浜町02-4
こちらのブースでは「アイユー」の重宝皿を販売していましたが価格は定価に近かったですね

浜町02-5

浜町02-6
それでも長崎市内でこれだけの「波佐見焼」を販売するイベントは滅多に無いでしょう・・・私が遭遇したのは2年前の「波佐見茶わん祭」以来です

浜町02-7
いろんな窯元の作品を展示していましたし

浜町02-9
こんな感じで「特売品」がありましたからお客さんも多く集まっていました(^^)

浜町02-8
毎年2回波佐見に出かけている私は何も買わないつもりでしたが何気に見かけた「800円→300円」のセール品に目が行きまして

浜町03
ついつい「重宝皿」を大きくしたようなお皿を買っちゃいました・・・今年の「波佐見陶器まつり」でも見かけたのですが買いそびれていたのです(^^;


2018年10月21日

水辺の森公園で「ラブフェス2018」

本来は日曜日の夕方から行くのが一番楽しめるであろう「ラブフェス2018」に土曜日の昼に行ってきました(^^;

ラブフェス01-2
出島ワーフを通って会場の「水辺の森公園」に向かいましたが三角広場近くで行われていた護岸工事は何なんでしょ?

ラブフェス01-3
メイン会場の「水辺の森公園」にやってきましたが思ったよりお客さんは多かったですね(^^;

ラブフェス01-4
これが会場マップですがこの時にはまだ「おくんち広場」や「ベイサイドゾーン」はほとんど何もやっていませんでした

ラブフェス02
会場に入るといろんなブースがありましたが「まるみつ」では懐かしの「スマートボール」を子供たちに体験させてたので大賑わいでした(^^)

ラブフェス02-2
何と「石丸文行堂」もブースを設けていて子供相手の「文具くじ」なるものをやっていました

ラブフェス02-3
長崎↔成田の定期便を就航させる「ジェットスター」おブースも大賑い・・・

ラブフェス02-3-2
私も孫へのお土産に「風船」を貰いましたが係員の対応は素晴らしかったですね(^^)

ラブフェス02-4
来月に開催される大村市の「おおむら秋まつり」のブースもありました・・・このイベントは毎年開催日が異なるのが最大のネックですよね

ラブフェス03
奥にはライブ用のステージが用意されていましたバンドが音合わせをしていました

ラブフェス04-6
こちらが「ライブスケジュール」ですが娘は次の日に行われる「KIiroro(キロロ)」のライブを見たいそうです

ラブフェス04-5
「長崎県美術館」や「おくんち広場」でもいろんな催しが行われるみたいですね

ラブフェス03-2
飲食ブースが立ち並ぶところにやってきましたがこの「大名ソフトクリーム」というのは先日浜町で見かけたお店と一緒なんでしょうか

ラブフェス03-5
若い人を中心に多くの人が集まっていました

ラブフェス03-6
その中でもこの「夢屋台」という唐揚げ屋さんには行列が出来ていましたが有名店なのかな?

ラブフェス03-7
「杉永蒲鉾」のブースでは「忍者タコ丸くん」を「たこ焼き」のようにして販売していました(^^)

ラブフェス04-3
「ヤフージャパン」のブースというのは初めて目にしました(゜o゜)

ラブフェス03-8
以前開催していた「KTNの日」の頃にあった「お台場合衆国」から内容を変えた「わくわく共和国」は相変わらず子供に人気みたいです

ラブフェス04
その奥には「ドローン体験」コーナーや「キッズゴルフ」などの子供向けアトラクションや

ラブフェス04-2
何と「ラブフェス神社」なるものまでありました(^^)

2018年10月20日

網場「食堂 よろや」の太麺皿うどんは400円(^^♪

「矢上くんち」で「かき道浮立」「間の瀬狂言」を見終わった後は遅ればせながら矢上神社に参拝しました(^^;

矢上01
普段は最初に参拝するのですが何しろこの日は神社に到着したのが遅くなったので終わってからにしたのです・・・ここの大きなしめ縄を見るのも昨年の「初詣」の時以来になります

矢上01-1
過去にも何度か書きましたが「矢上くんち」の奉納踊りは「旧矢上村」8地区が4年ごとに奉納する浮立以外にも毎年婦人会が行う「舞踊」もあるのですがこれはあまり見たことがありませんね(^^;

矢上02
神社から通りに出ると「かき道浮立」の庭先回りに遭遇しました(^^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

毎回「矢上くんち」の後には「戸石くんち」にもちょっと寄るのですが午後1時スタートなのでその前にランチを食べることにしました

網場01
やってきたのは「長崎ペンギン水族館」近くにある「若大龍」という中華料理店ですがお休み・・・以前も長く休業していたみたいですが大丈夫なんでしょうか?

よろや01-3
しょうがないのでちょっと離れた場所にある「食堂 よろや」というお店で食べることにしました・・・店の前は何度か通ったことがありますが入るのは初めてです
「よろや」というとかなり以前に長崎駅前商店街にも同じ名前のお店がありましたが多分無関係でしょうね

よろや01-4
「日替りランチ」が500円だそうです(^^)
毎回「矢上くんち」には一人で来るのでランチも安いのが一番です

よろや01-5
店の外装とは異なり店内は何だかノスタルジックな雰囲気ですね

よろや01-6
場所的に「長崎総科大学」の学生や近くにあるパチンコ店のお客さんが多く集まる食堂だと思われますが「長崎総科大付属高校野球部」も常連なんでしょうか?

よろや02
最初は「日替りランチ」を食べるつもりだったのですが改めてメニューを見ると・・・日替り以外も驚くべき安さですね(^^)

よろや02-2
特に麺類は「ちゃんぽん」「皿うどん」を始めほとんどが4~500円で「ラーメン」にいたっては何と350円です(゜o゜)
ラーメンが350円というのは「濱田食堂」でもありましたが「ちゃんぽん・皿うどん」が400円というのは今まで見た中でおそらく最安値のお店でしょうね

よろや02-3
そこで急遽「太麺皿うどん」400円に注文を切り替えました
具材にはさすがに海鮮類は入っていなかったのですが豚肉・野菜などがたっぷり使われていて思ったより美味しかったですね・・・やはり長崎では知らないお店で食べる時は「ちゃんぽん」「皿うどん」を頼むのがおススメです(^^)
次回来ることがあったら「皿うどん(海鮮)」450円を注文しようかな(^^;


2018年10月19日

矢上くんちで「間の瀬狂言」・・郷くんち2018

「かき道浮立」に続いては平間町間の瀬地区が行う長崎県指定無形文化財である「間の瀬狂言(猿浮立)」ですが前回とは順序が入れ替わっていますね・・・今回も写真が普段の記事より多くなっています(^^;

間の瀬00
先ずは挨拶ですが最初に「シャギリ」の演奏から始まるのでシャギリ連も一緒に加わっています

間の瀬00-2
その後に恒例の手ぬぐいの「撒き物」ですが今回は昨年末に受賞した文部科学省・文化庁の「地域文化功労者」受賞記念になっています(^^)

間の瀬01-2
最初は「シャギリ」からのスタートですが前回に比べると若い女性が増えていますね(^^♪

間の瀬01-3
シャギリ演奏が終わるといよいよ「間の瀬狂言」の登場です

間の瀬01-4
今回も浄めの水を掛けられたのでこの先1年間は無病息災でしょう(^^)

間の瀬01-5
高下駄を履いた人に従って入場してきたのは

間の瀬01-6
久しぶりに復活した「稚児行列」だそうです

間の瀬02
その後はお馴染みの「立道具」や

間の瀬02-2
「ササラ」が行われましたが

間の瀬02-3
会場を1周するだけなのはちょっと物足りないですね(^^;

間の瀬02-4
続いて子供達によるによる「月の輪」の奉納ですが

間の瀬02-5
この子たちの見せ場はアクロバティックな動作にあるみたいで演奏は隣の中太鼓がリードしているみたいです

間の瀬02-6
その後にはちゃんとした「月の輪」が披露されます

間の瀬02-8
結構重いであろう「月の輪」を被っての舞と演奏は結構見応えがありましたね

間の瀬03
ここで改めて自治会長の挨拶があり「猿狂言」の説明がなされました

間の瀬03-2

間の瀬03-3
その後にいよいよ「猿狂言」の始まりましたが登場するのは大人4人と猿役の子供3人だけです

間の瀬03-4
途中は「鳴り物」は無くコミカルなセリフ&動きで観客の笑いを誘っていましたが

間の瀬03-5
「猿」が登場すると「シャギリ」も演奏を開始しましたが

間の瀬03-6

間の瀬03-7
いろんな動きをするとそれに合わせて次第に伴奏も活気を増し

間の瀬03-8
太鼓や「鉦」も賑やかに演奏を始めました(^^;

間の瀬04
一旦終了した後に「もってこ〜い」の声が掛かり猿の動きも段々と良くなってきました

間の瀬04-2
最後はお約束の「バナナ」を田上市長から手渡されていました(^O^)


2018年10月18日

矢上くんちで「かき道浮立」・・郷くんち2018

例年だと9月のうちからいくつか訪れている「郷くんち」も今年は「矢上くんち」からスタートです
サービス業に従事しているので週休2日なんですが基本日曜日は出勤になっているのです・・・希望すれば月に3日くらいは休みを変更できるのですが今年は「孫」の運動会最優先になったのであまり見に行けそうもないですね(T_T)

かき道浮立00
今年は渋滞に巻き込まれ例年より遅めになり矢上神社に到着したのは「矢上くんち」の奉納踊りが始まる午前9時の10分くらい前になりました

かき道浮立01
そのせいで神社に向かう参道は小学生の見学客でごった返していました(^^;

かき道浮立01-2
それでも無事にいつもの場所を確保して開始を待っていると・・・どうやら出演者の一人が具合が悪くなったみたいで救急車が境内にやってくるというハプニングからのスタートです

かき道浮立01-3
来賓に田上市長が来ていましたが「郷くんち」で見たのは数年前の「高浜くんち」以来ですね

かき道浮立01-4
いよいよ最初の奉納踊りである「蠣道(かきどう)浮立」の開始です・・・毎回のことですが始まる前に自治会の方々が行う挨拶はいいですね(^^)

かき道浮立01-5
最初は恒例の「立道具」からのスタートです
矢上くんちに参加している八つの自治会のうち「コッコデショ」を奉納する「矢上町」以外は全て行っていますが地区により若干所作が異なっています

かき道浮立02
続いては白装束に鬼の面を被った男性陣(多分)による「ササラ」の登場です

かき道浮立02-2
この地区の鬼の面も「現川浮立」同様に面白いのが多いですね(^^)

かき道浮立02-3
「ササラ」の後には子供たちによる「掛け打ち」が続きますが

かき道浮立02-4
かなり小さい子供も参加しています・・・一番下は私の「孫1」と同じくらいじゃないのかな(^^;

かき道浮立02-5
白装束から一転して華やかな衣装は女性陣による「扇子踊」の面々です

かき道浮立02-6
最初は緊張してか固い顔をしていましたが観客席からの「笑顔」という掛け声で次第に緩やかな表情に変わりました(^^)

かき道浮立03
続いて「月の輪」の登場です

かき道浮立03-1
被っているだけでもかなり重たいであろう飾りを着けての演奏&所作はホント大変でしょうね

かき道浮立03-3
ここの浮立の最後を締めるのは大太鼓ですが

かき道浮立03-4
3人の若者が勇壮に舞いながら演奏します

かき道浮立03-5
「鉦」も一段とリズミカルな演奏になりました

かき道浮立03-6
大太鼓の演奏が終わったところで「もってこ〜い」の掛け声が多く掛かったので退場しようとしていた太鼓を役員の方が止めて

かき道浮立03-7
再び大太鼓を披露しました(^^)

でも毎回思いますがこの「かき道浮立」も参加人員は170人以上いるそうですが人口が減っているうえに「少子高齢化」の長崎で参加者を集めるのはホント大変でしょうね


楽天カードでtotoが買える
広告
タグでも検索
月別アーカイブ
訪問者数m(__)m
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: